洗顔後に男性の肌が乾燥して顔がつっぱるカサカサ粉を吹く原因とは?


男性も毎日洗顔を行いますが、洗顔後に男性の肌が乾燥して顔がカサカサする』『粉吹く』『つっぱる』などで悩んでいませんか?

実は、洗顔後に男性の顔が乾燥する原因の多くは、間違ったスキンケアを行うことで起きています。

正しいスキンケア方法や洗顔料の見直し、肌の水分の蒸発を防ぐ化粧水を使うことで、乾燥していた肌を改善していくことができます。

そこでここでは、洗顔後に男性の肌が乾燥する原因や乾燥を防ぐおすすめの洗顔料・化粧水なども含めてご紹介していきます。

肌の乾燥で悩んでいる方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

肌が乾燥している状態とは?

画像引用:からだマルシェ

肌内部にある『セラミド』や『皮脂』の減少により、うまく水分を保てなくなった状態が乾燥肌です。

皮脂やセラミドがバランスよく整うことでバリア機能が正常に働き、紫外線などの外的刺激がら肌を守り、肌の水分が蒸発するのを防いでくれますが、バリア機能が低下することで『カサカサ』『粉吹き』『ニキビ』などの肌トラブルが起こりやすくなります。

さらに乾燥がひどくなると肌に『かゆみ』『ヒリヒリ』『赤み』などが起こりやすくなり、『敏感肌』になってしまうこともあるので、早めにケアすることが大切になります。

なぜ洗顔後に肌が乾燥するの?

  • 間違えた洗顔方法で洗っている
  • 洗顔料が肌に合っていない
  • 洗顔後の保湿が不十分

洗顔後に男性の肌が乾燥する原因は、大きく分けて3つのことが考えられます。

間違えた洗顔方法で洗っている

顔は常に外気にさらされている部分なので、空気中のほこりや排気ガスなどが付着し、顔から分泌される皮脂や汗などが混ざり合い汚れになります。

汚れを放置していると皮脂が酸化してニキビや肌荒れの原因になってしまうので、洗顔で汚れを落とします。

しかし、男性がやりがちな洗顔方法は

・洗顔前に手を洗っていない
・力をいれてゴシゴシこすって洗っている
・熱いお湯や冷たい水ですすいでいる
・洗顔料を泡立てていない
・1日に何回も洗顔をしている
・洗顔後、タオルで擦るように拭いている

この中に当てはまることはありませんか?

このような洗顔方法を続けるとバリア機能が低下して肌が乾燥してしまいます。

洗顔料が肌に合っていない

洗浄力の強い洗顔料は、汚れと一緒に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、肌が乾燥してしまいます。

特に市販の洗顔料は、皮脂や汚れの洗浄を目的としたものが多く、洗浄力の強い成分や肌に刺激が強い『アルコール(エタノール)』、アレルギーが出る可能性がある『パラベン』などの防腐剤が配合されています。

防腐剤(パラベン)
防腐剤は、化粧品が腐らないように長持ちさせるための成分ですが、アレルギーが出る可能性があり、肌をつくるのに必要な細胞を破壊するといわれています。

アルコール(エタノール)
殺菌や消毒、収れん効果があるアルコール成分ですが、肌に刺激が強く、肌がヒリヒリしたり
肌荒れが悪化したりして肌を乾燥させます。

洗顔後の保湿が不十分

洗顔することで肌に必要な皮脂や水分が失われ、肌が乾燥しやすくなるので、洗顔後はなるべく早く(3分以内が効果的)に保湿ケアを行う必要があります。

保湿ケアする順番『化粧水→美容液→乳液→クリーム

・化粧水はお肌に水分を補給する
・美容液は美容成分や栄養を与える
・乳液やクリームは化粧水(水分)や美容液(栄養)などの美容成分を油分でフタをする

このような役割がありますが、順番に重ねつけるのが面倒な方には『化粧水・美容液・乳液・クリーム』の4役が1本に集約されたオールインワン化粧品で保湿ケアするのもおすすめです。

正しい洗顔方法

洗顔する回数は『朝と夜の2回』です。


・寝ている間に付着したホコリや汚れ
・寝ている間に分泌される皮脂

・外で付着した排ガス
・空気中の汚れやごみ

これらの汚れを落とすために行います。

洗顔にかける時間は、『泡を肌にのせてからすすぎをするまでの時間』30秒、長くて60秒が目安です。

・泡をのせてから30~60秒以内
・すすぎの回数は15~20回

手を洗って清潔にする
手に雑菌がついている状態で洗顔すると雑菌が肌に移り、菌が増殖する原因にもなるので、しっかり洗いましょう。

ぬるま湯で予洗いする
温度は32~35度のぬるま湯で、顔全体を5~10回予洗いし、ホコリや汚れを落とします。 ぬるま湯で洗顔することによって、毛穴が開くので、奥までしっかり洗うことができます。

洗顔料を泡立てる
洗顔料でこびりついた古い皮脂を落とします。きめ細かい泡ほど、毛穴の奥まで届くので、泡立てネットを使うのがおすすめです。泡立ての目安は、手と手を重ね合わせて間に泡のクッションができる程度です。

泡を顔にのせて優しく洗顔する
皮脂の多いTゾーンは、指が顔に触れないようにクルクル円を描くように洗っていき、頬は泡をのせるだけで擦りすぎないようにします。
最後は、Uゾーンですが目や口周りは、皮膚が薄いので力を入れすぎないように優しく洗います。

ぬるま湯でしっかりと洗い流す
洗いと同じ32~35度のぬるま湯で、泡が残らないように15~20回、丁寧に洗い流します。特に「 こめかみ」・「フェイスライン」・「髪の生え際」は泡が残りやすいので、すすぎ残しがないようにしましょう。

清潔なタオルで拭き取る
ゴシゴシ拭き取るのではなく、清潔なタオルを顔に優しく当てて、吸収させるように拭き取ります。タオルは、摩擦が起きやすいので、気を付けましょう。

洗顔後の男性の肌の乾燥を防ぐおすすめの洗顔料4選!

適度な洗浄力で、しっかり汚れを落としながら洗顔後の男性の肌の乾燥を防いでくれるおすすめの洗顔料をご紹介します。


母の滴シルバーウォッシュジェル

防腐剤不使用で肌に優しく、ジェルの泡で皮脂汚れを落としながら必要な潤いを残す絶妙なバランス加減の洗浄力を持つ『母の滴シルバーウォッシュジェル』。

肌のダメージをケアする『サイタイエキス』と馬の胎盤から抽出した成分で潤い力を高める『プラセンタエキス』の力を併せ持つ『スーパープラセンタ』を配合、優しい洗い心地でしっかり汚れを落としながら洗顔後の男性の肌の乾燥を防いでくれます。

さらに優れた抗菌作用でニキビケア、防臭作用で男性特有の汗臭さや男脂臭をケアできる『シルバーナノコロイド(銀)』が高配合されている洗顔料です。

商品詳細

【商品名】母の滴シルバーウォッシュジェル
【価格】2,700円(税別)
【内容量】150ml


THE FACE WASH(BULK HOMME)

キメ細かい弾力性の高い『生石けん』の泡が、洗顔時の摩擦を軽減して、肌への負担を減らし、水分バランスを整える成分に着目して7つの『天然美容成分』を配合したバルクオムの『THE FACE WASH』。

栃木県鹿沼市の(泥)を原料とした細かい粒子からできている成分『クレイミネラルズ』は、必要な皮脂や水分を残しながら毛穴汚れや不要になった皮脂を吸着する作用に優れ、肌が乾燥せず潤いのある肌の状態を保つことができる高機能洗顔料です。

商品詳細

【商品名】THE FACE WASH(BULK HOMME)
【価格】単品2,000円(税別)化粧水セット1,480円(税別)
【内容量】100ml

 
THE FACE WASHをお得に試す方法
化粧水とセットになった『肌活コース』があり、送料無料で全額返金保証付き、「泡だてネット」や「化粧水ボトル」などの特典も付いて、初回価格『約70%OFF・送料無料¥1,480円』で試すことができます。

メンズコスメDOORS FACE WASH

南国発コスメとして沖縄の『天然素材』と厳選した『46種の成分』を配合、キメ細かい弾力泡と男性らしい香りの中にフルーティフローラルの香りを配合した『メンズコスメDOORS FACE WASH』。

リンゴ果実エキス』の保湿力と強力な吸着力を持つ『クチャ』、肌を引き締め新陳代謝を高める沖縄の『月桃』を配合してます。

洗顔後の男性の肌の乾燥を防ぎ、クチャが毛穴の奥まで入り込み汚れにくっつき掻きだしてくれるので、普通にはとれない汚れまで洗い流すことができる洗顔料です。

おしゃれなデザインボトルは、使用後もディフューザーボトルやキャンドルグラスとしても再利用できるのも魅力。

商品詳細

【商品名】メンズコスメDOORS FACE WASH
【価格】2,600円(税別)
【内容量】160ml


ZIGEN フェイスウォッシュ


アルコールやパラベンなどの余計な成分を配合していないので、お肌に優しく低刺激、敏感肌でも使用可能な『ZIGEN フェイスウォッシュ』。

コンニャクのマンナンスクラブが汚れを吸着して落とし、保湿効果が最も高い保湿成分『ヒト型セラミド』を配合しているので、洗顔後の肌の乾燥、テカリやベタつきも抑えることができる洗顔料です。

商品詳細

【商品名】ZIGEN フェイスウォッシュ
【価格】セット5,660円(税込)
【内容量】160ml

ZIGEN フェイスウォッシュをお得に試す方法
単品購入では、送料が500円かかりますが、『フェイスジェル・洗顔』セットを購入すると2,200円の洗顔料が1,170円で購入することができ、送料も無料になります。

洗顔後の乾燥した肌がしっかり潤うメンズおすすめの化粧水4選!

洗顔することで、肌に必要な皮脂や水分が失われ、肌が乾燥しやすくなるので、洗顔後はなるべく早く(3分以内が効果的)に保湿ケアを行うことが大切です。
保湿効果が高く、洗顔後の乾燥した男性の肌がしっかり潤うおすすめの化粧水をご紹介します。


メンズコスメHOLO BELLトータルスキンケア保湿ジェル


『化粧水・乳液・美容液・クリーム』の4役が1本に凝縮されたオールインワンジェル、洗顔後に1プッシュしてつけるだけなので、簡単にスキンケアが完了する『メンズコスメHOLO BELLトータルスキンケア保湿ジェル』。

メンズコスメ業界初となる2つの成分、乾燥に強く驚異の保水力があり、砂漠の宝石といわれる『バラフ』と抗老化効果や抗酸化効果があり、4ヵ月腐らないといわれる『リンゴ幹細胞エキス』を配合していてます。

セラミドの中でも特に保湿効果が高く肌に馴染みやすい特徴がある『ヒト型セラミドNG・セラミドNP・セラミドAP』が配合されているので、洗顔後の乾燥した男性の肌を潤いのある肌にしてくれ、肌荒れやシワ、たるみといったあらゆる肌トラブルにもしっかりケアしてくれます。

無香料・無着色・アルコールフリー、鉱物油フリー・紫外線吸収剤フリー・パラベンフリー・石油系界面活性剤フリー』なので、肌に優しく低刺激で敏感肌でもケアできるのも特徴です。

商品詳細

【商品名】メンズコスメHOLO BELLトータルスキンケア保湿ジェル
【価格】3,780円(税込)
【内容量】100ml

HOLO BELLをお得に試す方法
トライアル&定期便があり、トライアル:約2週間分(20g)を商品代金が無料で送料¥500円のみの負担で試すことができます。


ZIGEN オールインワンフェイスジェル

『化粧水・乳液・美容液・クリーム』の4役が1本に凝縮されたオールインワンジェルで、無香料タイプ、『アルコールフリー・オイルフリー・パラベンフリー』なので、肌に優しく低刺激で敏感肌でもケアできる『ZIGEN オールインワンフェイスジェル』。

メンズコスメの中でも高い評価を得ている化粧品で、高保湿成分『ヒト型セラミド1・3・6Ⅱ』や『15種類のアミノ酸』などを豊富に配合しているので、肌の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌によるテカリやベタつきも抑えて潤いのあるなめらかな肌に導いてくれます。

抗菌作用がある白金(プラチナ)も配合されているので、男性特有の体臭や汗臭さなどもケアすることができます。

商品詳細

【商品名】ZIGEN オールインワンフェイスジェル
【価格】3,990円(税込)
【内容量】100ml

ZIGEN フェイスジェルをお得に試す方法
『フェイスジェル・洗顔』セットを購入すると送料が無料になり、通常価格より530円お得に購入することができるので、セット購入もおすすめです。


THE TONER(BULK HOMME)

肌本来の美しさに働きかけるため、肌を目覚めさせ、水分バランスを整える成分に着目して7つの天然美容成分を配合したBULK HOMME(バルクオム)の『THE TONER』。

メンズコスメの中でも人気が高く、芸能人や女性にも愛用者が多いのも特徴。

4か月経っても腐らない奇跡のリンゴから抽出した『リンゴ幹細胞エキス』や肌の水分量を一定に保ってくれる『トレハロース』、美肌の湯として知られる『玉露温泉水』が配合されているので、乾燥した男性の肌に潤いを与え、肌の調子を整えてくれます。

商品詳細

【商品名】THE TONER(BULK HOMME)
【価格】3,240円(税込)
【内容量】200ml

THE TONERをお得に試す方法
洗顔料とセットになった『肌活コース』があり、送料無料で全額返金保証付き、さらに「泡だてネット」や「化粧水ボトル」などの特典付きで、初回価格『約70%OFF・送料無料¥1,480円』で購入することができるので、気になる方はぜひ試してください。


プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス(アンドジーノ)


男肌の悩みである『乾燥・テカり・シワ・たるみ・ヒゲ剃り負け』に着目した成分を厳選配合、お肌の悩みをケアすることを追求したオールインワンタイプの『プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス』。

スフィンゴ脂質』という保湿成分が、水分量をコントロールしてくれるので、男性の肌の乾燥を防いでくれます。

アルコールやパラベンなどの肌に刺激を与えるものは配合していないので、敏感肌はもちろんどんな肌質でも使用することができ、粉吹き肌や毛穴の開きといったどんな肌の悩みにも対応してくれます。

商品詳細

【商品名】プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス
【価格】5,184円(税込)
【内容量】50ml

まとめ

洗顔後に男性の肌が乾燥して顔がつっぱったりカサカサ粉を吹く原因や洗顔後の肌の乾燥を防ぐおすすめの洗顔料・化粧水をご紹介しました。

市販の洗顔料や今使っている化粧水では、肌がつっぱったりカサカサ粉を吹いてしまうなどで悩んでる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする