ニキビがひどい!改善していく方法とは?

ニキビができる原因がわからなくて、悩んでませんか?

特に顔にできると目立ってしまうので嫌ですよね。

ニキビの原因や予防になる栄養素など、改善していく方法をまとめたのでご紹介します。

スポンサーリンク

1.ニキビのメカニズムとは?

ニキビは角質が厚くなることからはじまり、角質によって毛穴がふさがれ、毛穴から皮脂が出られなくなります。この状態が続くことで毛穴に皮脂が詰まり、コメドになります。

詰まった皮脂がコメドになって、ニキビの原因となるアクネ菌の栄養源になり、繁殖します。繁殖すると炎症が毛穴の周辺に広がり、赤く腫れあがるのが「赤ニキビ」の状態です。

炎症がひどくなると毛穴のなかでアクネ菌と白血球が攻防をはじめ、アクネ菌と白血球の死骸が膿となって外に排出されます。

ニキビは毛穴が詰まることが原因なのです。

毛穴が詰まるのは「皮脂の過剰な分泌」「ターンオーバーの乱れ」「洗顔料などの洗い残しやホコリ」などが原因です。

ターンオーバーとは?
肌の生まれ変わりをターンオーバーといい、通常は約28日で肌が生まれ変わると言われてます。皮膚は一定のサイクルで表皮の一番下にある「基底層」というところで生まれ、徐々に上へと押し上げられて「角質細胞」になり、最後はアカになって自然に剥がれ落ちますがはがれずに肌の表面にたまると角質層が厚くなって毛穴をふさいでしまいます。

2.大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

◎大人ニキビ

20~40代で乾燥肌や脂性肌といった、あらゆる肌タイプの人にできる可能性があり、フェイスラインやU ゾーンなどにできることが多いです。

原因は毛穴に皮脂が詰まることですが、社会人になって転職や環境が変化したときにも発症することが多く、寝不足や食生活、ストレスが要因とされてます。

◎思春期ニキビ

10代で過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることが大きな原因で脂性肌の人に多いです。

額や鼻など、皮脂分泌が盛んな場所に出やすく、運動の後に洗顔をしなかったり、スナック菓子の食べ過ぎなどでも悪化します。

3.ニキビ予防になる栄養素

体内バランスの乱れが角化異常を起こします。予防には、皮脂分泌を抑える食事がポイントになります。

ビタミンB1 

・ピーナツ・うなぎ・豚ヒレ・玄米・たらこなど。

ビタミンB2

・納豆・ブロッコリー・ヨーグルト・まいたけ・鶏レバーなど。

ビタミンB1、B2は皮脂の分泌を抑える効果があります。

ビタミンE

・アーモンド・アボガド・ほうれん草・赤パプリカ・ツナ缶など。

ビタミンEは血流を改善するので、角化異常の発生や色素沈着を防ぐことに役立ちます。

食物繊維

・れんこん・キウイ・長いも・おから・大豆など。

便秘もニキビの原因になるので、スムーズなお通じのために食物繊維を積極的にとることが大切です。

4.改善ポイント

1.洗顔は1日2回

洗顔の回数を増やすと肌が乾燥してニキビが出てきます。殺菌力の高い洗顔料でしっかり泡立ててから洗い、保湿は油分の多い化粧品は避けて抗菌作用のあるビタミンC配合のものを使用しましょう。

2.自分ではつぶさない

爪や器具に付着している雑菌が入ると炎症や化膿を起こしてしまい、悪化します。ニキビのまわりの組織まで破壊してしまうとニキビ跡「へこみ」として残りやすくなります。

ニキビの初期段階で芯だけをうまく押し出せれば、跡にならずに早く治ることがあるので、その際はお風呂上りで肌が柔らかく清潔な状態のときに綿棒2本で優しく押し出します。

うまくできないようなら、皮膚科でも押し出しの処置をしてくれるところもあるので相談してみてください。

3.肌に触れるものは清潔にする

フェイスタオルや枕カバーなどは雑菌が繁殖しやすいのでこまめに洗うなど清潔なものを使用するようにしましょう。

雑菌が付着するとニキビが化膿してしまい、悪化してしまいます。

4.刺激を与えないように徹底する

ニキビができると無意識に触ってしまうのはNG!額にできたニキビに前髪があたると、雑菌が入ってしまうこともありますし、ニキビ専用薬を塗るときも手でぬるのではなく、綿棒などで塗るようにするなど徹底しましょう。

5.隠したいときは専用ファンデーションを使用する

どうしても隠したいときは毛穴が詰まったり、コメドができたりしにくい設計になっている、ニキビ専用ファンデーションがあるので専用のものを使用しましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

ニキビを予防するには、皮脂の過剰な分泌を抑え、ターンオーバーを正常にして、アクネ菌を繁殖させないことです。

食事や生活習慣、正しくケアすることでニキビを改善していくことができるので悩んでる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする