自分の口臭が気になる!?自宅でできる口臭チェック方法

他人の口臭には気づきますが、自分の口臭には気づきにくいんですよね。

食事や会話しているとき、周囲の反応がなんかおかしい…

など、自分の口臭が気になってませんか?

自分の口臭のことが気になって悩んだりしていることで、ストレスを感じ、ストレスを感じることで自律神経が乱れ、口臭の原因になることもあります。

そこでここでは、「自宅でできる5つの口臭チェック方法」をご紹介していくので、口臭が気になる方は参考にしてみてください。

1.コップや袋を使ってチェックする

①「コップや袋」を用意します。

②用意したら、コップや袋に息を吐きだして「漏れないよう」に閉じ込めます。

③閉じ込めたら、一度「新鮮な空気」を吸います。

④吸い直したら、コップや袋の中の「自分の息」を嗅いでみます

*寝起きや食後など、状況によって臭いは変わってしまうので1日に状況を変えて何度か試してみましょう。
2.唾液でチェックする

①「手首や手の甲」などをなめます。

②なめたら「1分程度放置」します。

③放置したら「なめていない方の手」の臭いを嗅ぎます。

④嗅いだら「なめた部分の臭い」を嗅いでみます。

気になる臭いがあれば、口の中に臭いの原因があります。

*唾液を乾かすことで、水分が蒸発して臭いの物質だけが手に残るので、とても有効的な方法なのです。
3.マスクでチェックする

①「鼻と口をしっかりとおおう」ことができるマスクを用意します。

②用意したら、息を吸い込み口から「ゆっくり」息を吐きだします。

③これを「1分間」ぐらい続けます。

④1分間ぐらい続けたら「マスクの中の臭い」を嗅いでみます。

*マスクをするときにすき間ができないように着けて、必ずマスクは無香料のものを使用してください。
4.舌苔(ぜったい)でチェックする

①「やわらかいタオルかティッシュ」を用意します。

②用意したら鏡で「自分の舌の表面」をチェックします。

③舌の表面に「白や黄色っぽい」もの(←これが舌苔)を拭き取ります。

④タオルやティッシュで「優しく」拭き取ったら臭いを嗅いでみます。

*「舌苔」とは、舌の表面についてる白や黄色っぽい苔のようなもののことで、細菌や食べカスなどが舌に付着することで発生し、口臭を引き起こす原因になります。
5.口臭チェッカーでチェックする

①口臭チェッカーとはスティック状の「口臭を測定」する機器です。

②どんな臭いなのか、までは分かりませんが「数値」として測定できます。

③測定して、一定値を超えれば「口臭が臭う」と判断できます。

*チェッカーのものによっては、正確性を欠くものもあるので目安として使用するといいです。
6.まとめ

いかがでしたか?

紹介した5つの方法はどれも自宅でできるので、誰にもバレずに行うことができます。

自分の口臭が気になる方は参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする