病的口臭とは?口臭の原因は歯周病!?

口臭にも種類があることは、知ってますか?

口臭には、大きく分けて

・生理的口臭
・病的口臭
・心理的口臭

3つの種類があります。

そこでここでは、

・病的口臭の特徴

・病的口臭の原因

・歯周病

など、「病的口臭」についてまとめたのでご紹介します。

1.病的口臭とは?

病的口臭」とは、なんらかの病気で起こるものです。

歯周炎」や「歯肉炎」「糖尿病」や「肝疾患」など内科疾患が原因で起こる口臭です。

病的口臭」は、病気が原因で臭いが発生しているので、その病気を治さないと口臭がなくなることはありません。

しかし、原因の病気を治療することで口臭を減らすことができ、完治すれば、口臭がなくなります。

2.病的口臭の特徴

臭いがキツイ

・ずっと臭いが発生している

…など、一日中臭いが発生し、その臭いをずっと嗅いでいるので本人が気づかないことがあります。

3.病的口臭の原因

◇口腔内の原因

・虫歯

(虫歯が進行して神経が腐ると強い臭いがします)

・歯周病

歯茎の出血と膿が混じると口臭がひどくなります)

・歯垢

(虫歯や歯周病の原因になります)

・歯石

(歯石が増えることで口臭がひどくなります)

・ドライマウス

(口の中が乾燥すると細菌が増殖します)

・舌苔

(舌の表面の白いものは細菌の固まりです)

…などが原因であり、歯医者で治療することで口臭を改善できます。

◇その他の原因

呼吸器系

「肺がん」「気管支炎」「肺腫瘍」など…

・耳鼻咽喉系

「扁桃炎」「慢性鼻炎」「副鼻腔炎」など…

・胃腸

「胃炎」「胃下垂」「胃潰瘍」など…

・肝機能

「肺炎」「肝硬変」「肝臓ガン」など…

・糖尿病 

…などが原因であり、外的な口臭対策では改善することができないので専門医に相談しましょう。

さまざまな原因がありますが…

実は、病的口臭の「90%」が口の中の病気が原因で口臭が発生してます。

日本人の「8割」がかかっているという「歯周病」です。

歯周病になってませんか?

4.歯周病(歯槽膿漏)とは

画像引用元:http://www.setagayaku-hokencenter.or.jp/rest_body/method009.html

◇「歯周病」とは、歯周プラーク(歯垢/菌の塊)の中の歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こして周りの組織を破壊する「細菌感染症」です。

歯周病は、痛みなどの自覚症状がなく進行します。

進行すると歯槽骨(歯を支える骨)を溶かすので、歯が抜けてしまう原因になります。

◇「歯周病の原因」は、プラーク(歯垢/菌の塊)で、正しく歯を磨けていないことが原因です。

・喫煙

・糖尿病

…などは、歯周病の進行を早める要素になります。

◇「歯周病菌」は、食べカスや剥がれ落ちた口の中の粘膜などを分解するときに硫黄化合物である「硫化水素」や「メチルメルカプタン」などの悪臭成分を発生させ、口臭の原因になってしまいます。

◇「歯周病を治す」には、正しく歯を磨いて歯石をとることで治せます。

歯を磨くときは、

・歯と歯茎境目

・歯と歯の間

…など、しっかり磨いて、歯石は歯医者でとってもらいましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

病的口臭の原因の「90%」が口の中の病気が原因で起こり、最も口臭に関係するのが「歯周病」です。

歯周病を治すのは自分自身であり、正しく歯を磨くことで治していくことができるのでしっかり磨きましょう。

口臭が気になる方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする