男も日焼け止めが必要?紫外線が肌に与える影響は〇〇だった!?


男性は、女性に比べて紫外線(日焼け)対策をする習慣があまりないので、『男に日焼け止めは必要なの?』って思いますよね。

日焼けしたほうが、健康的だし、カッコいいって思っている方は多いのではないのでしょうか?

日焼け止めを塗らない方は多いと思いますが、実は紫外線が肌に与えるダメージがとても大きく、肌老化のほとんどが紫外線の影響で起こっています。

ここでは、紫外線が肌に与える影響や紫外線の注意点、男性に日焼け止めは必要なものなのかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

日焼けした肌とは?


日焼けには、2種類あり、肌に与える影響が違います。

サンバーン(肌が赤くヒリヒリする状態)
サンバーンは、肌がヤケド(炎症)している日焼けのことです。紫外線を浴びた4~5時間後から肌が赤くなり始め、24時間後にはもっとも赤みや痛みが強くなると言われています。

サンタン(肌が黒くなった状態)
サンタンは、赤みや痛みなどを伴わない日焼けのことです。
メラニン色素の沈着によって肌の色が小麦色になり、浴びた紫外線の量が多くない場合に起こったりします。
小麦肌になるのは、紫外線を吸収して肌への影響を抑え、紫外線から肌を守る働きによるものですが、、シミやシワの原因になりやすいと言われています。

日焼けの原因である紫外線とは?

紫外線(UV)は、太陽光の波長の長さによって
UVA、UVB、UVCの3種類に分類されます。

UV-A(紫外線A波)
UV-Aは、太陽光線の『約90%』を占める紫外線で、UV-Bに比べると有害性は低いとされてますが、窓ガラスを通過するとされてますから車や家、その他の窓ぎわに長くいることは避けるようにしなければいけません。
長時間浴びてしまうとシミやたるみの原因になります。

UV-B(紫外線B波)
UV-Bは、太陽光線の『約10%』を占める紫外線で、UV-Aより強いエネルギーがあり、日焼けして肌が赤くヒリヒリしたり、水膨れができたりするのが、UV-Bによるものです。
肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を引き起こすためシミやそばかすなどの原因になります。

UV-C(紫外線C波)
UV-Cは、UV-Bより光エネルギーは大きいですが、今のところは地上に届いていないと言われてます。

紫外線が肌に与えるダメージとは?

画像引用元:Unilateral Dermatoheliosis

これは、28年間トラック運転手の仕事をしていた69歳の男性の画像なんですが、顔の左半分だけ紫外線を浴び続けた結果、左右が違う肌になってしまったそうです。

実は、肌老化の原因の『80%』が紫外線によるものとされています。

画像引用元:ゴルフプラザ

UV-Aによる肌ダメージ=シミ、シワ、たるみ(光老化)
UVAのエネルギーは弱いですが、浸透力が高く肌の奥の真皮層にまで届いてハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞にダメージを与えます。

ダメージを受けた肌は弾力を失い、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こし、さらに、メラニン色素の合成を増やしてシミの原因になります。

UV-Bによる肌ダメージ=日焼け、シミ
UVBは、おもに肌の表面で吸収されるので、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。

浴びたUVBは、表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、シミや皮膚がんの原因になります。

紫外線はがんの原因に!

紫外線は、細胞のDNAに傷をつけます。

細胞は、修復する機能がありますが、繰り返し傷つけられていると傷の直し間違いが起こり、突然変異となります。

その部分がガンの発生に関わる遺伝子であった場合、細胞は勝手に増殖してガンになると言われています。

男性にも日焼け止めは必要?


30歳過ぎてくるとシミやシワが気になってきませんか?

特に男性は、日焼け止めを塗る習慣があまりないので、若いころから紫外線を浴び続けている人が多く、若いころに紫外線をたくさん浴びていると、30歳過ぎてくると蓄積されてきた紫外線の影響でシミやシワなどが出てきます。

がんや肌老化の原因になる紫外線から肌を守り、いつまでも健康で若々しさを保ちたい男性に日焼け止めは必要なアイテムなのです。

日焼け止めを使う時期や時間帯は?

画像引用元:QVC

このグラフを見ても分かるように紫外線は1年中に渡って降り注いでいるので、夏場だけUV対策を行えばいいというわけではありません。

紫外線の特徴
紫外線A波:3月から増え始め、4月~8月がピークになり、それ以外でも降り注ぐ

紫外線B波:4月から増え始め、5月~8月がピークになり、10月~3月は少ない

このような特徴があり、紫外線A波は冬場でも降り注いでいるので、季節を問わず、紫外線対策が必要になります。

しかし、1年中に渡って日焼け止めを塗るのに抵抗がある方や面倒な方は、『3月ぐらいから10月頃』まで日焼け止めを使って対策を行ってください。

紫外線量が多い時間帯は?

画像引用元:気象庁

紫外線量は季節によっても異なりますが、1日の中で最も多いのが、午前10時~午後14時の『4時間』です。

この4時間で1日に降り注ぐ紫外線量の『50%以上』を占めると言われているので、午前10時~午後14時の間に外出される際は、日焼け止めなどで紫外線対策をしっかり行いましょう。

紫外線が強い場所は?

特に注意したいのが、山や水辺です。

高い場所に行くほど紫外線が強く、標高が1000m上がるごとに『10%』増えると言われているので、山登りをしている方は注意が必要です。

夏になると海水浴などに行きますが、海面や白い砂浜の上は日光が反射するので、通常以上に紫外線を浴びてしまいます。

紫外線は曇りや雨の日は大丈夫?

曇りや雨の日は紫外線量が少ないと思われがちですが、実は注意が必要になります。

快晴では、『100%』降り注いでいますが、薄曇り『85%』、曇り『60%』、雨『30%』の紫外線が降り注いでいます。

UVAは、雲や窓ガラスを突き抜けるので、晴れの日以外でも紫外線対策が必要になります。

日陰でも注意が必要!


紫外線対策で日傘を差している方も多くいますが、紫外線には、直接太陽から届く『直達光』や空気中で散乱して届く『散乱光』、地面などで反射して届く『反射光』があります。

日傘を差していても、散乱光を防ぐことはできませんし、日陰にいても、散乱光や反射光が届いているので、日陰にいる場合も注意が必要になります。

紫外線が目に入ると日焼けする

目に強い紫外線が当たり、目の細胞にダメージを受けると、脳は有害な紫外線が侵入してきたことに反応して『メラニン色素を作って体を守れ!』という指令を出します。

指令がでると肌に直接、紫外線を浴びていなくても、シミやそばかすができる原因になります。

しっかりUVケアをしていても、眼が無防備なままだと、効果は半減してしまうので、UVカット効果のあるサングラスでしっかり紫外線対策を行いましょう。

まとめ


紫外線が肌に与える影響や紫外線の注意点、男性に日焼け止めは必要なものなのかなどについてご紹介しました。

紫外線は、シワやシミ、たるみといった肌老化を引き起こすものですが、しっかり紫外線対策を行うことで防ぐことができます。

女性だけでなく、男性にも日焼け止めは必要なアイテムなので、肌老化を防ぐためにもしっかり紫外線対策を行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする