敏感肌とはどんな肌?チェックと改善方法

 

敏感肌になる原因は人によって異なります。洗顔料や化粧水を使うと赤くなったり、かゆみが出たりするなど、刺激を感じるのは嫌ですよね。そんな嫌な思いを改善する方法があるので、この記事にまとめました。

敏感肌とは?

バリア機能の低下により、肌が敏感になって、ちょっとした刺激でダメージを受けてしまいます。通常は角質層のバリア機能によって外的刺激から守られているのですが、何らかの原因で角質層がはがれます。

角質層がはがれることによって細胞間に隙間ができ、外部からの刺激が肌に入りやすくなってしまうのです。

敏感肌の原因は?

・表皮の水分と皮脂が少ない乾燥肌

・アレルギー性皮膚炎などの肌質

・季節の変わり目

・間違ったスキンケア

・偏った食事やストレス

などが原因で敏感肌になることがあります。原因をみてもわかるように肌質を問わず、誰にでも敏感肌になる可能性があるんです。
 

敏感肌チェック

・洗顔料や化粧水を使用したときにかゆみ、赤くなる、しみるなど刺激を感じることがある。

・医者にアレルギー、アトピー体質と言われたことがある

・下着が触れた肌がかゆくなったり、赤くなる

・外食やコンビニなど栄養バランスが悪い、偏った食事が多い

・寝不足やストレスが溜まっている

・体を温めるとかゆくなる

・季節の変わり目や冬にすねや腕に白い粉をふくことがある

・汗をかいた後、体がかゆくなる

・日光を浴びると皮膚が赤くなったり、かゆくなる

この中で3つ以上あてはまる人は敏感肌の可能性があります。

敏感肌を改善するには?

「肌に刺激を与えないケアと保湿」

ピーリング(角質ケア)や雑菌力の強い洗顔料の使用は肌や角質に負担をかけるので少し、お休み。

洗顔をするときはゴシゴシこすらず、余計な成分が入っていない固形石鹸でたっぷり泡だててから使用する(時間をかけずに行う)

化粧水セラミド成分配合のものを使用する(セラミドは保湿効果が最も高い保湿成分)

保湿は乳液よりもセラミド配合の美容液やクリームを使用する

「生活習慣を改善」

寝不足や食事の偏りなどの生活習慣の乱れからも敏感肌になります。

肌の免疫力を高める栄養成分を積極的にとる

ビタミンB2(卵、いわし、牛乳、納豆)

ビタミンB6(パプリカ、まぐろ、サケ、バナナ)

睡眠はなるべく6時間以上(ターンオーバーの促進、肌の再生力を高めます)

ストレスは運動などで発散する(溜まっていると抵抗力が弱くなってトラブルが起こりやすい)

敏感肌のシェービング方法

プレシェーブローションやアフターシェーブローションを使い、かみそりのダメージから肌を守る。

口のまわりは皮膚が薄く、乾燥しやすいのでダメージを受けやすい。できれば、シェービングをお休みしたほうがいいですが、シェービングがどうしても必要なときは刃や摩擦から肌を守るために、念入りにローションを塗り、シェーバーと肌の間にクッションをつくるようにする。

まとめ

いかがでしたか?

敏感肌の原因がわかれば、それにあったスキンケアや生活習慣を見直すなどをすることで、敏感肌を改善することができます。敏感肌で悩んでる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする