男の顔がカサカサする乾燥肌の原因と対策!

男の顔がカサカサする乾燥肌の原因は、たばこやストレスなどでも起こってしまいます。

顔が「カサカサする」「粉吹き」などで悩んでませんか?

そこでここでは、

・乾燥肌の原因
・乾燥肌が引き起こす肌トラブル
・乾燥肌の対策

などについてご紹介していくので、乾燥肌で悩んでる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

乾燥肌とは?

乾燥肌(ドライスキン)とは、皮脂や角質細胞、セラミドの減少により肌の水分が不足し、角層の水分量が20%に満たない状態が、お肌の乾燥した状態です。

健康的な肌の角層は約20~30%の水分を含んでいて、

3大保湿因子

皮脂膜
(肌の一番外側を覆って水分の蒸発を防ぐ)

NMF(天然保湿因子)
細胞内に潤いを蓄える機能があり水分を保持する)

セラミド(角質細胞間脂質)
(角質層の細胞と細胞のすき間を埋めて水分の蒸発を防ぐ)

この3つがバランスよく整うことで、肌の潤いが保たれ、「バリア機能」が正常に働くので、下図のように紫外線や外からの刺激から肌を守ります。

画像引用元:からだマルシェ

しかし、角層の水分が少なくなると肌のバリア機能が低下し、肌が乾燥して「顔がカサカサする」「粉吹き」など、様々な肌トラブルが起きやすくなります。

バリア機能には、外的刺激から肌を守る役割と体内の水分が肌から蒸発するのを防ぐ役割があります

乾燥肌が引き起こす主なトラブル

かゆみ

乾燥によってバリア機能が低下することで、肌が刺激に過剰に反応してしまい、かゆみや発赤がでやすくなります。


ニキビ

バリア機能が低下すると肌が乾燥から守るために皮脂分泌が活性化され、活性化することによって皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こします。


シワ

角質層の水分量が減少するため、皮膚がハリを失います。


シミ

バリア機能が失われているので、紫外線が肌にダメージを与えやすくなり、傷がつきやすい状態になってます。それらが炎症を起こし、色素沈着を起こすとシミとなって現れます。


ひび割れ

おもに唇や指先に起こり、乾燥によって皮脂や水分を失なわれ、ハリがなくなって硬くなります。


くすみ肌

肌の水分量が低下するとハリや透明感が失われ、表皮の角質細胞がはがれて凸凹ができます。そこに影が落ちることで暗く見えてしまいます。


敏感肌

乾燥肌は、水分や皮脂が不足するため、バリア機能が弱く、肌が敏感になります。

このような様々なトラブルが起こります。

男の乾燥肌の原因

間違ったスキンケア

高温のお湯で洗顔すると必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥しやすくなります。
洗浄力の強い洗顔料を使用したり、ゴシゴシとこすって洗顔すると角質層に傷をつけ、バリア機能を低下させます。


加齢

歳を重ねるごとに、皮脂の分泌量や水分が減ってしまうため、肌が乾燥しやすくなります。


ストレス・生活習慣

『睡眠不足』は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を乱します。

『ストレス』は、ホルモンバランスをくずし、肌の免疫機能を低下させます。

『タバコ』は、肌細胞にダメージを与えるといわれてます。

エアコン』は、長時間使用することで空気が乾燥し、空気が乾燥することで肌のバリア機能を低下させてしまいます。


食生活

バランスの悪い食事や無理なダイエットなどを行うと、栄養バランスがくずれてしまいます


ひげ剃り

カミソリを使用したひげ剃りは、刃を直接肌に当てて剃っていくので、ひげと一緒に角質層も削り取られてしまうため、肌が乾燥してしまいます。

顔がカサカサする乾燥肌の対策

加湿器をつける

部屋の湿度は「40~60%」になるように設定し、エアコンの真下に置くことで空気の流れに加湿された空気が混ざり、部屋全体の湿度を高めます。


良質な睡眠を十分にとる

睡眠時間は「6時間」以上が目安です。寝始めてから3時間は成長ホルモンが活発になるとされているので、この3時間で深く眠ることが大切なのです。


栄養素をとる

「タンパク質」「ビタミン類」「亜鉛」「オメガ3系脂肪酸」の栄養素が不足すると乾燥肌になると言われています。

乾燥肌に良い食べ物

・タンパク
(大豆・納豆・たまご・魚・プロテインなど)

・ビタミンA
(緑黄色野菜・うなぎ・レバー・卵黄など)

・ビタミンB群
(大豆・レバー・納豆・豚肉など)

・ビタミンE
(アボガド・ナッツ類・魚介類・大豆など)

・亜鉛
(レバー・牛肉・牡蠣など)

・オメガ3系脂肪酸
(サンマやイワシなどの青魚・エゴマ油など)

タンパク質をとるときは、タンパク質を分解する役割がある「ビタミンB6」も一緒に摂取するのがポイントです。
脂肪分が気になる方は、タンパク質が豊富に含まれているプロテインを積極的に活用しましょう。

乾燥肌によくない食べ物

・インスタント食品
・刺激物(香辛料・カフェイン…など)
・冷たいもの

インスタント食品などは炭水化物や脂分が多く含まれいるため、乾燥肌を悪化させてしまいます


保湿効果やバリア機能を高める成分を配合したアイテムを使う

乾燥肌の方は、正しい洗顔方法で洗顔後、なるべく早く(30秒以内)に「セラミド・ヒアルロン酸コラーゲン」などの高保湿成分が配合されてるもので保湿ケアするのがおすすめです

セラミドは、最も保湿効果が高い保湿成分で、中でも「セラミド1」のように数字がついたヒト型セラミドは、肌になじみやすく、保湿力が高いのが特徴です。

洗顔方法は「男の正しい洗顔方法と9つの間違えた洗顔方法!」を参考にしてみてください。

乾燥肌におすすめ化粧品

ZIGENオールインワンフェイスジェル

ZIGENは、「化粧水」「美容液」「乳液(クリーム)」の効果がこれ1本に凝縮され、

・ヒト型セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

などが配合されている保湿力に特化したオールインワン化粧品です。

私自身がひどい乾燥肌で粉吹き状態でしたが、ZIGENを使用することで改善することができてます
実際に使用したレビューもしているので、乾燥肌で悩んでる方は参考にしてみてくださいね。

まとめ

乾燥肌は、正しいスキンケアや生活習慣などを見直していくことで、改善していくことができます。

洗顔後の保湿を徹底して行い、栄養のある食品を積極的に摂ることで、内側からも乾燥肌の対策をしていくことができるので、しっかり行っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする