男性は30代に入ると混合肌になりやすい!?原因や対策は?

混合肌』は、日本人に最も多い肌質だと言われていて、30代に入ると男性の『混合肌』が起こりやすくなります。

額や鼻のTゾーンはテカテカ、目元や口元のUゾーンはカサつくといった肌質に差がある男性の混合肌の原因や対策、スキンケア方法なども含めご紹介します。

部分によって肌質が異なる『混合肌』で悩んでる方は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

混合肌とは

『混合肌』とは、文字道りで顔の部分によって乾燥している部分やオイリーな部分など、複数の肌タイプが混在している状態で、カサつき(乾燥肌)やテカり(脂性肌)のどちらの肌トラブルにも悩まされる肌質です。

混合肌の特徴

Tゾーン(額や鼻)
皮脂の分泌の多い額や鼻がテカテカして脂っぽい

Uゾーン(目元・口元)
皮脂の分泌が少ない目元や口元が乾燥しやすい

『混合肌』の特徴は、皮脂の分泌の多いTゾーンやあごにニキビや毛穴の黒ずみがみられたり、皮脂の分泌の少ない目元にシワができるなど「脂性肌」や「乾燥肌」のトラブルが同時に現れたりします。

混合肌かチェックする方法

洗顔後、そのまま(化粧水などのお手入れ)などなにもしてない状態で10分程、放置します。

TゾーンUゾーンをよく観察します。

Tゾーン:脂っぽい
Uゾーン:カサつきやつっぱり感がある

混合肌』です。

混合肌の原因

混合肌は、(乾燥肌)やテカり(脂性肌)のどちらの肌トラブルにも悩まされる肌質ですが、根本的な原因は『乾燥』です。
水分が足りず内側が乾燥しているため、肌が皮脂を出して潤いを保とうとするので、皮脂腺の多いTゾーンがテカテカになってしまいます。


混合肌の主な原因

■加齢により肌質が変化する

30代に入るころから水分量や皮脂量が減少していき、肌質が変化します。男性の混合肌は、肌質が変化する過渡期に起こりやすいのです。


間違ったスキンケア

肌に合わない化粧品を使用したり、ベタつくからと皮脂の取りすぎ、Tゾーンの保湿不足などで皮脂が過剰になることがあります。


乾燥や紫外線による刺激

季節の変わり目やエアコンなどでも肌は乾燥します。
特に紫外線は、浴び続けることで肌のバリア機能を低下させ、肌が乾燥してしまいます。
肌は、乾燥や刺激から守ろうとして皮脂を必要以上に分泌するので、皮脂腺の多いTゾーンがテカテカになってしまいます。


ストレス

ストレスを感じることによって自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまい皮脂の分泌が増えてしまいます。


食生活のみだれ

脂っこいものや甘いもの、アルコール類を摂りすぎると体内で中性脂肪に変わり、皮脂のもとになります。

混合肌の対策

混合肌は、日常生活や間違ったスキンケア方法により、悪化させている場合が大きいと言われています。

ここからは、混合肌の3つの対策『洗顔』『スキンケア』『生活習慣』についてご紹介します。

男性の混合肌の対策:洗顔


洗顔方法を間違えると肌への摩擦や皮脂を取りすぎてしまい、肌を乾燥させてしまいます。


混合肌の洗顔方法

手を洗って清潔にする
手に雑菌がついている状態で洗顔すると雑菌が肌に移り、菌が増殖する原因にもなるので、しっかり洗います。

洗顔料を泡立てる
泡立てネットを使い、手と手を重ね合わせて間に泡のクッションができる程度に泡立てます。

皮脂の多いTゾーンから洗う
額や鼻に泡を乗せ、泡で余分な皮脂を絡めとる。

皮脂の少ないUゾーンを洗う
目元や口元に泡を広げていき、なでるように洗います。

ぬるま湯で丁寧に洗い流す
32~35度のぬるま湯で、泡が残らないように15~20回、丁寧に洗い流します。特に「 こめかみ・フェイスライン・髪の生え際」は、泡が残りやすいので、すすぎ残しがないようにしてください。

清潔なタオルで拭き取る
ゴシゴシ拭き取るのではなく、清潔なタオルを顔に優しく当てて、吸収させるように拭き取ります。タオルは、摩擦が起きやすいので、気を付けましょう。

洗顔料の選び方


皮脂を取りすぎると肌が乾燥してテカリが悪化してしまうので、洗顔料選びはとても重要になります。

混合肌の洗顔料の選ぶポイントは、

適度な洗浄力で汚れがしっかり落ちるもの
Tゾーンのテカリが気になり、洗浄力が強いものを選んでしまうことで、必要以上に皮脂を洗い流してしまい、肌が乾燥してしまいます。
毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落としながらある程度の皮脂を残せるものを選びましょう。

しっかり保湿できるもの
洗顔することで、肌の角質層が剥がれやすくなってしまい肌が乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。

肌に低刺激なもの
パラベンなどの防腐剤(化粧品が腐らないように長持ちさせるための成分)が含まれた洗顔料は多くありますが、肌に負担が大きく、肌をつくるのに必要な細胞を破壊するといわれています。
防腐剤不使用なもので肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

男の混合肌におすすめの洗顔料

母の滴シルバーウォッシュジェル


防腐剤不使用で肌に優しく、ジェルの泡がこびりついた皮脂汚れを絡め取り、必要な潤いを残してくれる絶妙なバランス加減の洗浄力。

肌のダメージをケアする『サイタイエキス』と馬の胎盤から抽出した成分で潤い力を高める『プラセンタエキス』の力を併せ持つ『スーパープラセンタ』を配合、しっかり汚れを落としながら必要な皮脂は残し、潤いを保持してくれる優れものです。

優れた抗菌作用や防臭作用がある『シルバーナノコロイド(銀)』も配合されているので、ニキビケア、男性特有の汗臭さや男脂臭をケアすることもでき、カサつき(乾燥肌)やテカり(脂性肌)などの混合肌の悩みに最適な洗顔料です。

商品詳細

【商品名】母の滴シルバーウォッシュジェル
【価格】2,700円(税別)
【内容量】150ml

男性の混合肌の対策:スキンケア


洗顔後は、皮脂や水分が失われ、肌が乾燥しやすくなるので、なるべく早く(3分以内が効果的)に保湿を意識したスキンケアを行うことが大切です。


スキンケア方法

保湿ケアする順番『化粧水→美容液→乳液→クリーム

化粧水でお肌に水分を補給する
洗顔後は、水分が失われるので肌全体にたっぷりとなじませます。

美容液は美容成分や栄養を与える
乾燥しやすいUゾーンは、化粧水を重ねづけしたり、美容液でしっかり保湿する。

乳液やクリームは化粧水(水分)や美容液(栄養)などの美容成分を油分でフタをする
乾燥しやすい部分を中心に塗り、Tゾーンなどの皮脂が多いところは、薄く塗るなど、肌の状態に合わせて塗り分けるようにする。

化粧水の選び方

ベタつく部分とカサつく部分がある混合肌は、どんな化粧水を選べば良いのか迷ってしまいますが、大切なのは『保湿』することです。


混合肌の化粧水を選ぶポイントは、

化粧水はしっとりタイプのもの
混合肌の場合は、Tゾーンのテカりが気になって、つい脂性肌用の『さっぱりタイプ』を選んでしまいがちですが、、テカりの原因は『乾燥』なので、乾燥肌向けの『しっとりタイプ』を選ぶようにしましょう。

高保湿成分が配合されているもの
保湿力が高い成分は、『セラミド』『ヒアルロン酸』『コラーゲン』などです。この中でもセラミドは、非常に保湿力が高く、特にセラミドの中でも『セラミド1』『セラミドNP』など数字やアルフャベットがついた『ヒト型セラミド』は、お肌に馴染みやすく、保湿力が高いのが特徴なのでおすすめです。

低刺激で肌に優しいもの
アルコール(エタノール)やパラベンなどが配合されているものは、肌に刺激になったり、水分を奪ってしまうこともあるので、アルコールフリーやパラベンフリーなものを選ぶようにしましょう。

男性の混合肌におすすめの化粧水

HOLO BELLトータルスキンケア保湿ジェル

『化粧水・乳液・美容液・クリーム』の4役が1本に凝縮されたオールインワンタイプです。

メンズコスメ業界初となる2つの成分、乾燥に強く驚異の保水力があり、砂漠の宝石といわれる『バラフ』と抗老化効果や抗酸化効果があり、4ヵ月腐らないといわれる『リンゴ幹細胞エキス』を配合。

お肌に馴染みやすく、保湿力が高い『ヒト型セラミドNG・セラミドNP・セラミドAP』も配合しているので、洗顔後の男性の乾燥したお肌を潤いを与え、テカりやカサつきをしっかりケアしてくれます。

また、アルコール(エタノール)やパラベンなどの防腐剤も不使用なので、肌に優しいのも特徴です。

商品詳細

【商品名】メンズコスメHOLO BELLトータルスキンケア保湿ジェル
【価格】3,780円(税込)
【内容量】100ml

 

ZIGEN オールインワンフェイスジェル
ZIGEN オールインワンフェイスジェルも4役が1本に凝縮されたオールインワンジェルで、無香料タイプ、『アルコールフリー・オイルフリー・パラベンフリー』で、肌に優しく低刺激。
 
高保湿成分『ヒト型セラミド1・3・6Ⅱ』や『15種類のアミノ酸』などを豊富に配合しているので、肌の乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌によるテカリやベタつきも抑えて潤いのあるなめらかな肌に導いてくれます。
 
抗菌作用がある白金(プラチナ)も配合されているので、男性特有の体臭や汗臭さなどをケアできるのも特徴です

商品詳細

【商品名】ZIGEN オールインワンフェイスジェル
【価格】3,990円(税込)
【内容量】100ml

男性の混合肌の対策:生活習慣

混合肌の対策は、生活習慣も意識することも大切です。


良質な睡眠をとる

睡眠中は成長ホルモンなどが分泌され、体の組織が修復されたり、再生されたりしています。肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)は夜、寝ている間に行われています。十分な睡眠をとることでストレス解消にもなります。


肌によい食生活に心がける

ビタミンB2(卵、納豆、緑黄色野菜など)ビタミンB6(パプリカ、さけ、バナナなど)、ミネラル(かき、牛肉、レバーなど)を含む食品を積極的に摂ることで肌の代謝をスムーズにしてくれ、皮脂の分泌を正常にしてくれます。


肌を乾燥や刺激から守る

UVクリームなどで紫外線対策を徹底して行い、部屋でいるときなどは加湿器を使ったり、洗濯物を部屋干しするなどで加湿します。
部屋の湿度は『60℃』が、一般的によいとされているので、湿度計を置いて確認するのもいいです。

まとめ

男性の混合肌の原因や対策、スキンケア方法などをご紹介しました。

30代になると肌質が変わってくるので、20代にしてきたケアをそのまま続けていると男性の『混合肌』は悪化します。

特に混合肌は、肌タイプが混ざっているのでスキンケアの難しい肌質ですが、状態に合ったケアや対策を行うことで改善していくことができます。

しっかり対策を行い、悩みのない肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする