30代男性のシミの原因は紫外線だけ?対策と予防する方法

「シミ」はメラニンが排出されずに残ってしまうのが原因です。

男性も30代から顔のシミが増えると言われますが増えたりしてませんか?

シミがあると、老けた印象になってしまい、ケアをしないと、どんどんシミが増えていきます。ここでは、シミの原因や対策、予防する方法をまとめたのでご紹介します。

1.シミの種類

シミの種類は6タイプあります。自分がどのタイプのシミかチェックましょう。

①老人性色素斑

シミの中で最も多いタイプで紫外線の影響でできてしまいます。ほほ骨の高いところにできやすく、はじめは薄い茶色をしてますが、だんだん濃くなり、はっきりとしてきます。

②雀卵斑(そばかす)

小さい茶色いシミで鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴ですが、これは遺伝的なものだけを指します。シミの形が三角や四角になっていて、色白の人に多くみられます。

③脂漏性角化症

シミからイボのように盛り上がってできたもので、表面はボツボツしていて手の甲などにできる茶色いシミも相当するものが多いです。

④炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡などが茶色くシミになって残ったもので、肌が刺激を受けたり、紫外線を浴びることでシミとして残ることも。

⑤肝斑

ホルモンバランスが崩れた時の女性特有のシミでほほ骨あたりに左右対称にできることが多いです。

⑥花弁状色素斑

肩から背中にかけてできる小さいシミで、海などで強い日焼けをした後にできます。

2.シミのメカニズムとは?

紫外線を浴びると肌を守るために、「メラニン」が作られてそれがシミになります。

1.紫外線を浴びるとメラニン生成

表皮が紫外線を浴びるとメラノサイトに信号が送られ、メラノサイトはメラニンを生成し、皮膚を黒くします。

2.皮膚のターンオーバー

ターンオーバー(肌が生まれ変わるサイクル)によって、日焼けして黒くなっても、また元の肌の色に戻ります。

通常は新しい細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでに、およそ28日周期でターンオーバーが行われるのですが、紫外線ダメージを受け続けると肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。

3.大量のメラニンの滞留がシミになる

加齢やストレス、紫外線を浴びすぎなどにより、ターンオーバーのサイクルが遅くなることでメラニンも排出されずに皮膚の中に残ったままになります。

紫外線を浴びることで増えていくメラニンとターンオーバーの乱れにより消えていかないメラニンが溜まり、シミになります。

通常であれば、ターンオーバーによって生成されたメラニン、古くなった角質や垢と一緒に排出されます。

しかし、ターンオーバーの乱れにより排出されずに残ってしまったメラニンが色素沈着を起こしてシミになるのです。

3.シミができる原因

シミができる原因の8割が紫外線といわれてますが、その他にもシミになる原因があります。

◎加齢

ターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が蓄積する。

◎皮膚を過剰刺激

ゴシゴシと過度な洗顔などの刺激により、炎症を起こすことでメラニンが生成される。

◎ニキビ跡

炎症によって活性酸素が発生し、肌を守るためにメラニンが生成され、色素沈着が起こってしまう。

◎ストレス

ストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ、色素細胞を刺激するホルモンが増加するため、メラニンが多く生産される。

◎睡眠不足

就寝中にもターンオーバーの代謝は行われています。睡眠不足が続くと代謝がおろそかになり、ターンオーバーが遅くなる。

◎タバコ

タバコを吸うとメラニンを抑えてくれるビタミンCが減少し、メラニンが増えてしまう。

◎乾燥肌

肌が乾燥してコラーゲンが不足すると、肌細胞の生成が停滞してしまい、メラニン色素が肌に残りやすくなる。

◎食生活の乱れ

食生活が乱れると血行不良になり、新陳代謝が悪くなるのでターンオーバーの周期が乱れる。

4.シミ対策

・紫外線対策を徹底する

毎日、日焼け止めを塗ることで紫外線から肌を守ってくれます。

・正しい洗顔をする

肌に刺激を与えないように優しく洗います。

・十分な睡眠をとる

しっかり睡眠をとることで、ターンオーバーの代謝も行われ、体を休めることでストレス解消にもなります。

・ビタミンCを積極的にとる

野菜や果物に多く含まれてます。

赤パプリカ・ブロッコリー・ピーマン・キウイ・パパイヤ・甘柿など。

ビタミンCはメラニンの沈着を抑え、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする作用があります。

5.厚生労働省が認可した美白成分

シミを予防するには、美白化粧品がとても効果的でシミの原因となるメラニン色素の働きを制御することができます。

美白化粧品を選ぶときには厚生労働省が認可した美容成分を配合した「医薬部外品」と書かれたものを選ぶようにしましょう。

◎エラグ酸(イチゴ類から抽出され、美白効果がある)

◎カモミラET(メラニン色素をつくるように指令を出す、エンドセリンを制御する)

◎アルブチン(メラニンの合成を阻害する)

◎ルシノール(メラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを制御する)

◎ビタミンC誘導体(活性酸素の除去、色素沈着の防止などに効果があるビタミンCの効果を高める)

◎プラセンタエキス(豚の胎盤から抽出され、肌の新陳代謝を高め、メラニン色素を排出する)

◎リノール酸(ターンオーバーを促す作用がある)

◎トラネキサム酸(抗炎症剤として使われていたものを美白成分として開発された)

◎t-シクロアミノ酸誘導体(プロスタグランジンを制御する)

6.まとめ

いかがでしたか?

シミを増やさないために、シミができる主な原因の紫外線から肌を守るケアを徹底して行い、シミに効果的な化粧品を使うことがとても大切なのです。

しっかりとケアして、いつまでもきれいなお肌を保てるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする